DANBLO(ダンブロ)〜ダンス服、衣装、レッスン着、アイテムなどダンスに関する情報をお届けするブログ〜

ダンス服、衣装、レッスン着、アイテムなどダンスに関する情報をお届けするブログ

ダンス服で困ったらまずココに行こう!原宿「ダンサーズコレクション」

日本初のダンス専門局「ダンスチャンネル」を観れるのはdTVチャンネルだけ!【初回31日無料】

【初回31日無料】
日本初のダンス専門局「ダンスチャンネル」を観れるのはdTVチャンネルだけ!



>> ダンスチャンネルとは?

ダンス

ダンス服で困ったらまずココに行こう!原宿「ダンサーズコレクション」

投稿日:

原宿は10~20代のおしゃれの聖地と言われていますが、ダンス衣装の専門店が多いことでも有名です。

中でも「Dancers Collection(ダンサーズコレクション)」はダンサー御用達のショップとなっており、若手からプロのダンサーまで幅広いニーズに応えています。
ダンサーズブランドや衣装に使えるアイテムが豊富で、サービスがとにかく充実しているのが注目したいポイント。
そこで今回は、ダンス服で困ったときに利用したいダンサーズコレクションの特徴をご紹介します!

 

ダンスアイテムだけでなく国内・海外のレアアイテムが豊富!

ダンサーズコレクションは専門店であるため、ダンスを始めるために必要なアイテムはすべてここでそろえることができます。
レッスンで着用する服や靴からステージでの衣装までトータルで買えるのが便利です。

さらに、最新のレアなアイテムなどもメーカー直売、海外直輸入されており安く手に入る点も見逃せません。
アメリカブロードウェイの老舗ダンスウェアーショップ「CAPEZIO」や、ニューヨークタップシューズ「SODANCA」も取り扱っています。

店内にはダンス以外のユニフォームも並ぶので、新しいアイディアが湧くことも!
ダンサーなら一度は行っておきたいショップですね。

 

オリジナルプリントができる!

ダンサーズコレクションのもう一つの特徴は、オリジナルアイテムが1点から気軽に作れるところにあります。
オリジナルプリントのサービスはストリートダンス専門店として、世界初!
オリジナルでプリントした服はダンス衣装はもちろん、チームグッズや記念品、イベントでは欠かせない物販アイテムなどに活用できますよ。

イラストレーターを持っていない、またはデータを自分で作成できない場合でも、専門のスタッフが手書きのイメージなどからデザインしてくれます。
名前を入れたり、ロゴを配置したり、メッセージを盛り込んだり…。
希望を伝えながら理想のオリジナルアイテムを作ってみてくださいね。

 

オリジナル刺繍・ワッペンもおまかせ!

ダンス衣装の必須アイテムである帽子は、オリジナルで作りたくてもプリントすることができませんよね。
ダンサーズコレクションならなんと、ベースボールキャップやニットキャップに直接刺繍してもらうことができます!
ベースボールキャップの場合はフロントだけでなくバックに刺繍することもできるので、さりげなくワンポイントを作りたいときに最適です。

そしてバッグなどへ使用可能なワッペンの製作も可能で、持込アイテムへの刺繍もOK!
「オリジナルアイテムを作りたいけど裁縫の技術がない」とお困りの方はぜひ一度相談してみましょう。

 

個性的なオリジナルアクセサリーを作ることも◎

ダンサーとしては服だけでなく、アクセサリーの個性にもこだわりたいですよね。
ダンサーズコレクションならアクセサリーまでオリジナル製作が可能です。

ネックレスには自分の名前やダンサーネーム、チーム名などを入れるのがおすすめ♪
低価格ながら高級感があるので、シンプルなTシャツも格上げしてくれるはずです。

さらにピアスやリングなどのオリジナルアクセサリーに関してはシルバー、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどさまざまな素材から選ぶことができます。
世界にひとつだけのアクセサリーは自分用以外に、大切な方へのプレゼントにもぴったりです。

 

作れるオリジナルアイテムは他にもたくさん!

ダンサーズコレクションではプリントや刺繍の他にも、さまざまな技術でオリジナルアイテムを作ることができます。

タオル、マグカップ、iPhoneケース、ステッカー、ポスター、フライヤー、名刺、バナー、のぼり、缶バッジなど…。
相談や問い合わせ、見積もりは無料なので、作ってみたいアイテムに関しては気軽に相談してみましょう。

 

製作が早い!オンラインストアでもオーダーできる

ダンサーズコレクションではオリジナルアイテムを店頭で注文した場合、最短で15分~即日にて持ち帰りが可能です。
なぜここまで製作が早いのかというと、仲介業者を通さず店頭裏の工房室にてプリントや刺繍、縫製などの作業をしているためです。
ただし在庫切れ、繁忙期などの場合は時間がかかる場合があるので注意してくださいね。

また、店舗に直接行くのが難しいときは、オンラインストアでもオーダーできます。
5000円以上買うと送料無料になる嬉しいサービスもあるので、忙しいときはぜひ利用してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はダンス服で困ったときに利用したいダンサーズコレクションの特徴をご紹介しました。

自分に似合う服を見つけるにはアイテムの種類を多く知っておくことも重要なので、迷ったらぜひショップに足を運んでみましょう。

老若男女問わずおしゃれなダンス服がきっと見つかるはずです!

【初回31日無料】

日本初のダンス専門局「ダンスチャンネル」を観れるのはdTVチャンネルだけ!

>> ダンスチャンネルとは?

↓ブログランキングに登録しています↓

↑良い記事と思ったらクリックお願いしますm(_ _)m↑

SNSのシェアもよろしくね!!

ダンス初心者にオススメの記事

1

ダンスが長くやっていくと服装をもっとダンサーぽくしたくなりますよね。でもダンサーが着ている服ってどんなブランドでしょうか?そこまでダンスに精通していない人からするとどこのブランドを買えば分かりませんよ ...

2

ダンスをする際はダンスシューズ(ダンス用の靴)が必要になってきます。 ここではヒップホップダンスのダンスシューズの選び方、オススメをご紹介します。値段の相場(高い靴、安い靴)やどのダンス用シューズを買 ...

3

初めてダンスのレッスンを受ける。しかし、何を持っていけば良いのか何を持っていってはダメなのかサッパリ分からないかと思います。ダンスで必要な物、6つの必須アイテムを紹介します。これで初めてのダンスにいく ...

4

最近は習い事でダンスをする子供いわゆるキッズダンサーが増えました 中学校では体育でダンスが入っているほどダンス文化が広がっていると言えます。 ご自身のお子さんをダンスに習わせてみたいと思っている人も多 ...

5

ダンスの衣装って専門店が少ないから実際何処で買えば良いのか難しい所ですよね。最近はネット通販で買う人が急増しています。実はネットショップを開業しているダンス衣装専門店が多いからです!今回はダンスの衣装 ...

6

ダンスが上達しなくて、困っていませんか? ダンスを始めてみたいけど、何をどう覚えていけば分からない ダンススタジオじゃなくて、家で気軽にダンスを覚えたい 基礎の動きや音楽などを知っていきたい ダイエッ ...

-ダンス,
-, ,

Copyright© DANBLO(ダンブロ)〜ダンス服、衣装、レッスン着、アイテムなどダンスに関する情報をお届けするブログ〜 , 2018 AllRights Reserved.