DANBLO(ダンブロ)〜ダンス服、衣装、レッスン着、アイテムなどダンスに関する情報をお届けするブログ〜

ダンス服、衣装、レッスン着、アイテムなどダンスに関する情報をお届けするブログ

 

\ついに始まる年1回のイベント!! /

【速報】Amazon最大のビッグセール

 

ダンス

ダンスのフリーが踊れない人に教えたいコツや練習法!

更新日:

ダンスをやっているとソロやフリーで踊るパート(1人で踊る即興ダンス)が出てきます。振りは完璧に踊れるのにフリーになると何を踊れば良いかよくわからずしどろもどろになっていませんか?フリーでダンスを踊ることはダンサーにとって大切なことです。

ダンスを始めたばかりや経験が浅い人はフリーで踊るのが難しいとの話を良く聞きます。今回はフリーで踊れない人に向けたフリーのコツや練習法を教えていきたいです。

 

フリーが踊れるようになるコツと練習法

まず結論から言わせてもらうとソロやフリーなどが踊れない人に圧倒的に足りないのは即興で踊る機会です。当然ですがフリーで踊る場がなければいつまで経ってもフリーで踊れるわけがありません。経験がないからこそ、いつの間にか即興ダンスを怖いもの、どう踊れば良いか分からないと不安に思ってしまっているのです。

フリーを踊れない人は逆にいえば振付があれば安心する、振付を踊るのが好きなタイプだといえます。振付をしっかり踊れているならフリーで踊る事は十分可能です

今までの振りを思い出す

これまでダンスを習ってきた、覚えてきたなら少なからず"振り"は覚えているはずです。振りがなければダンスは踊れませんから。自分が覚えてきた、踊った事のある振付の動きを自分なりにアレンジ、再構成して踊ってみましょう。もしくは覚えた振りを自分なりに順番を変えて繋げてみて下さい。全く同じ動きでも順番や繋げ方を変えると全く違うダンスに見えます。

即興ダンスはちょっとでも思考が止まれば体も止まってしまうので、動き続ける為に動きの引き出し(これまで習った、覚えたダンス)を持っておき、どう動くべきか最初にある程度考えておくべき。

まずは基本からでも良いので自分なりの踊りを確立してみましょう。

ポイント

まずは自分が気に入っている踊りを音に合わせて自分なりに繋げてみよう

 

イメージと反復練習

何から初めていいか分からない人はまず、基礎の動きから取り入れてみましょう。基礎練習を反復していると不意に起こる体の反応とイメージが時々あると思います。そのイメージと反応に身を任せてみるのが良いです。これを繰り返していくうちに、自分のダンスができてきます。イメージはレッスン講師の動きでも良いし、Youtubeや動画の自分が好きなダンサーの動きをイメージして下さい。

個人的にはKAZUのダンス必修可!の動画はとても参考になったのでダンスを上達したい人におすすめです。

自分がカッコイイと思う動きを探しそれを真似る事がイメージと踊りがある近道です。完全に真似できなくても良いので、踊ってみたいと感じるダンサーの動きを真似してみましょう。レッスンやスクールで習った振りの一部で、自分がカッコイイと思ったそれだけを繰り返し練習するのも良いです。とにかくイメージに近くまで反復練習する事です。

【必見】ダンス初心者でも簡単に踊れる動画10選!これで今日からダンスが踊れます

ダンスをやった事がない初心者でも簡単にダンスを踊れるようになる魔法のような(言い過ぎ)動画をご紹介していきます。 これからダンスを覚えていきたい人や踊りが上手になりたいと思っている方は必見です。 今回 ...

続きを見る

【2018年】ダンス初心者におすすめのヒップホップダンスDVDランキング

ダンスが上達しなくて、困っていませんか? ダンスを始めてみたいけど、何をどう覚えていけば分からない ダンススタジオじゃなくて、家で気軽にダンスを覚えたい 基礎の動きや音楽などを知っていきたい ダイエッ ...

続きを見る

ポイント

イメージをしながら自分の好きな動きや得意な所をまず伸ばしていく=自分のフリーの技になる

 

フリーの環境に飛び込む

自分の知り合いでとてもダンスが上手な女の子がいました。技術よりも高く誰がみてもダンスが上手だと思える子です。しかし、その子は振付などは完璧に踊れるのに即興ダンスは踊れないそうです。理由としては一度もフリーの環境に飛び込む事なく、ルーティンを合わせる事だけで習ってきたからです。逆にダンスを初めて1年の友人がいます。彼はストリートダンスでフリーやソロダンスをメインにやってきました。最初からフリーの環境でやっていただけに即興ダンスが凄く上手でした。しかし、面白い事にこちらは振付の踊りを覚える事が凄く苦手だと言っていました。

少し話が逸れましたが、フリーで上手くなりたいならフリーの環境に飛び込むのが一番です。周りに友人がいるのならサークルを作って踊ってみてフリーを踊らないといけない状況を作る、とか、暗い部屋の中で1人で踊ってみたり、ダンスバトルに参加してみたり、クラブに行って端の方で壁に向き踊ってみるのも良いです。ダンスバトルのコツを掴む事でソロで活かせるようになります。

ポイント

「できる、できない」ではなく「やるか、やらないか」

 

音楽を聴く

フリーで踊れない人は「音楽を聴かない」特徴があります。

音をちゃんと聴かないという意味ではなく普段から音楽を好きで聴いていないという意味です。ダンスとは本来音楽に合わせて踊るものです。もっといえば、基本は音楽の中にあるビートやメロディに合わせて踊ります。フリーで踊れない人は振りや踊りが分からないだけでなく音楽に合わせて踊る事ができていないから踊れないのです。

最近はダンスの技術などが云々言われていますが一番大事なのは

ダンスは音楽に合わせて踊るもの」という事を忘れないで下さい。

ダンス初心者が踊りやすいオススメの邦楽曲【ヒップホップ編】

ダンスを踊ったことがない人でも踊りやすい曲、覚えやすいダンス曲を紹介。すべて日本の曲(邦楽)のチョイスなので聞いたことがある、好きな曲があるかもしれません。ダンスを踊った事がない初心者でも踊りやすいダ ...

続きを見る

ダンス初心者が踊りやすいオススメの洋楽曲【ヒップホップ編】

ダンスを踊った事がない初心者でも踊りやすい・覚えやすいダンス曲をご紹介。文化祭、学園祭、出し物、余興などダンスを踊るシュチュエーションはたくさんあります。経験者なら問題ありませんがダンス初心者も簡単に ...

続きを見る

振付のようにカウントに合わせて踊ってはいけません。フリーでもカウントに合わせてポージングのような止まろうとする動きから生まれる次の動きには繋がりや流れがなくて限界があります。フリーは常に踊っている状態になるので動きが止まってしまう事自体がおかしいんです(あえて止まったりする踊りもありますが)

とにかく「音楽を聴く」というのを日常生活に取り入れてみてはどうでしょうか。踊りがうまいダンサーはどんな時も音楽が流れると自然に体がノリノリになります。これは音に乗っている状態なんですがフリーができない人はその音取りができていないんですね。例えば自分の好きな曲を思い出しながら歯磨きして服を着替えてお出かけするなど。通勤、通学中に好きな音楽を聴いて音に合わせてみるなど、音楽の常に意識して聴く事で生活の中で自然に音が体に馴染んでくるようになってきます。

音に合わせにいくのではなく、音を自分の動きに合わせていきましょう。

最初は理解が難しいかもしれませんがとにかく音に合わせて色々動いてみる事です。そうすればダンスの時も自然に音に合わせて動き止まる事なく踊れるかと思います。

ポイント

常に音楽に合わせる感覚を身につけよう

 

まとめ

昨今ダンスは技術点な向上が目立ってきているように見えますが、根本的に大切な事は「音に合わせて踊る事です」この基本的な事を忘れていてはフリーでも踊る事はできません。ここで教えてきたコツを少しでも実践していけば少なからずフリーでも体が動けるようになります

まずは1ビートでも良いので自分の好きな踊り、振付で踊ってみましょう。ある程度、踊れたら次の踊りに繋げるいきましょう。それを続ける事で自分の踊りが体に身につき、即興で踊る環境になった時でも自然に自分の踊りができるはずです。

自分の中で時間を見つけて「1日10分だけフリーで踊ってみる」など目標を決めても良いです。それを続けていけばフリーのテクニックやスキルを磨かれていくでしょう。

フリーには決まった踊りなどはありません。

とにかく音楽にノって、いま自分が踊れるダンスを全てぶつけていきましょう!

 

それでもコツが掴めないって人はおすすめのダンスDVDをご紹介!

KAZUのダンス必修可!は超有名なダンサー『KAZU』さんが作成したダンスプログラムです。フリーやダンスバトルで自然と踊れるようになるコツやヒントがたくさん隠されているので気になる人は「『KAZUのダンス必修可!』口コミ・評価を徹底調査!」の記事も見てみて下さい。

『KAZUのダンス必修可!』口コミ・評価を徹底調査!

ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる『KAZUのダンス必修可!』 このDVDはダンス界の大御所ダンサー「KAZU」さんがストリートダンスならどんなジャンルでも踊れるという事でジャンルの枠を超え ...

続きを見る

 

 

\36時間限定!?急げ! /

【速報】Amazon最大のビッグセール

 

ダンス初心者にオススメの記事

1

ダンスが長くやっていくと服装をもっとダンサーぽくしたくなりますよね。でもダンサーが着ている服ってどんなブランドでしょうか?そこまでダンスに精通していない人からするとどこのブランドを買えば分かりませんよ ...

2

ダンスをする際はダンスシューズ(ダンス用の靴)が必要になってきます。 ここではヒップホップダンスのダンスシューズの選び方、オススメをご紹介します。値段の相場(高い靴、安い靴)やどのダンス用シューズを買 ...

3

初めてダンスのレッスンを受ける。しかし、何を持っていけば良いのか何を持っていってはダメなのかサッパリ分からないかと思います。ダンスで必要な物、6つの必須アイテムを紹介します。これで初めてのダンスにいく ...

4

最近は習い事でダンスをする子供いわゆるキッズダンサーが増えました 中学校では体育でダンスが入っているほどダンス文化が広がっていると言えます。 ご自身のお子さんをダンスに習わせてみたいと思っている人も多 ...

5

ダンスの衣装って専門店が少ないから実際何処で買えば良いのか難しい所ですよね。最近はネット通販で買う人が急増しています。実はネットショップを開業しているダンス衣装専門店が多いからです!今回はダンスの衣装 ...

6

ダンスが上達しなくて、困っていませんか? ダンスを始めてみたいけど、何をどう覚えていけば分からない ダンススタジオじゃなくて、家で気軽にダンスを覚えたい 基礎の動きや音楽などを知っていきたい ダイエッ ...

-ダンス
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© DANBLO(ダンブロ)〜ダンス服、衣装、レッスン着、アイテムなどダンスに関する情報をお届けするブログ〜 , 2018 AllRights Reserved.